【情報共有にピッタリ】ファイル共有システムを利用しよう

ビデオの資料があるなら

ディスク

劣化する前にやること

会社で使っている資料用の映像をビデオテープに保管しているのなら、いますぐ再生が可能なのかをチェックすることを推奨します。ビデオテープの場合は伸びてしまったり、カビが生えてしまったりで再生できなくなるケースが多々あるからです。従って、無事に再生できたのなら、もっと堅強なメディアにバックアップを取ることをおすすめします。現在ではビデオテープを渡せば、DVDに映像を移してくれるダビング業者があるため、そちらを使うとよいでしょう。もちろん、自社でDVDへダビングする手段もありますが、ひとり以上の大切な労働力を減らさなければいけないことを考える必要があります。業者に頼めば、社員の手を煩わせることもありませんので、効率を考えるのならDVDダビングは専門家に頼むべきです。なお、DVDダビングをおこなってくれる業者を選定する場合は、急ぐのでなければ、値段を見て選んでしまってもよいでしょう。しかし、急を要するDVDダビングのケースでは、きちんと納期も確認しなければいけません。ほとんどの業者では納期もきちんと説明していますが、大量の作業をお願いする場合はそれ以上に時間がかかる可能性があると考えたほうが無難です。そのため、納期を急いでいるのなら、業者に連絡を取って、かかる日数をハッキリとさせてから頼むとよいでしょう。公式サイトの説明で納期が長めだと感じるところでも、状況を説明してすれば急いでくれる場合もあるので、とにかく連絡することが大切です。

Copyright© 2017 【情報共有にピッタリ】ファイル共有システムを利用しよう All Rights Reserved.